〖Zenyum矯正レポ〗私の治療計画を公開!|歯を削るIPRって大丈夫?

Zenyumシミュレーション記事のアイキャッチ
riho

こんにちは!
話題のZenyum(ゼニュム)でマウスピース矯正を始めるrihoです♬

スマホでの無料診断とクリニックでのカウンセリングを終え、とうとう私の治療計画が完成しました!

私の歯並びが、シミュレーションではどうなるのか…詳細を画像付きでご紹介していきます♬

Zenyumのサービス?無料診断って?という方は、下の記事からご覧ください♬
時系列でレビューしていきます!

治療計画が完成するまでのレビュー記事はこちら

mei

とうとう治療計画完成ですね!
ドキドキ…

riho

わくわくするよね!
マウスピース矯正に期待しかない、
想像以上の仕上がりなので早く見てほしい♬

3Dでリアルな歯の画像がいくつも出てきます。
苦手な方はご注意ください。

\ ここから治療開始で1.5万円オフの特典あり/

コードをコピー
目次

3Dシミュレーション(治療計画)公開!

治療計画を紹介するために、私の治療歴と現状をお伝えします。

私の現状

  • 小学生時代ワイヤー矯正歴あり(反対咬合)
  • ワイヤー矯正時の痛みがトラウマ
  • 一部歯並びが戻って歯並びが気になる
riho

ワイヤー矯正は見た目が気になってニッコリ笑えないし、ご飯が食べられないくらい痛くて…

今でも嫌な思い出。

mei

そう考えたらマウスピース矯正で治せるって、最高ですね♬

riho

ワイヤー矯正経験者としては、負担が少ないマウスピース矯正はおすすめ

まず、治療計画の見え方から紹介するね♬

歯並びによっては治療適用外になることも…
あなたの歯並びがマウスピースで治せるか知りたい方は、まずスマホで出来るZenyumの無料診断をしてみましょう♪
(当ブログリンクからの申し込みで定価より1.5万円引きになります

\スマホで簡単に出来ます♪/

シミュレーション(治療計画)の見え方|動画で紹介

Zenyumから受け取る治療計画はこんな感じで、スマホからも簡単に見れます。

再生ボタンを押すと動画で見れます

再生速度2倍に編集してあります

再生ボタンを押すと、矯正前から矯正終了までマウスピース1枚ごとの歯並びの変化が見れます!

感覚的に操作できて、様々な角度から見ることが出来るんです♪

mei

ここまでしっかり動きが見れるってすごいですね!

riho

一気にイメージがわくよね!
指でグルグル動かせるのも面白い♬

このシミュレーションを元に、担当の方とWEBで治療計画の確認をしたよ。

Zenyumでは治療計画について納得した後、契約時に料金(税込324,000円)が発生します。
当ブログリンクからの申し込みで15,000円引きになります。

詳しいZenyumの料金や治療の流れなどは下の記事にまとめています。

Before 私の気になる部分

まずは、矯正前(現在)の歯並びで気になっている点3つを紹介します。

気になっていた部分

  1. 左側の歯が上下入れ違いになっている
  2. 下の歯並びがデコボコ
  3. 横顔のEラインがきれいになりたい
riho

画像と一緒に1つずつ確認していきます!

①左側の歯が上下入れ違いになっている

Zenyum治療計画の矯正前横画面

少しわかりにくいかもしれませんが、左上の下の歯(画像の矢印部分)が前に出てしまっています。

過去に反対咬合(受け口)の治療が治りきって無い部分でずっと気になっていました。

反対攻合(受け口):正しいかみ合わせと逆になっている状態。

②下の歯並びがデコボコ

Zenyum治療計画の下顎部分

もともとのあごが小さいため歯が生えきれず、下の歯がギュウギュウ詰めに。

その結果、下の歯全体の並び方が不揃いになっています。

③横顔のEラインがきれいになりたい

Zenyum治療計画の治療前横画面

もともと反対咬合を治療したこともあり、やや下あごが出ています。

キレイな横顔はEライン(エステティックライン)といわれていて、Eラインの整ったきれいな横顔にあこがれがあります。

Eライン:鼻先と下あごを結ぶ直線ライン。人差し指を鼻先とあご先につけて、唇が指に付かないか触れる程度が横顔がきれいに見える理想のバランスと言われています。

mei

この気になるところが、マウスピース矯正で変わるんですか?

riho

結果から言うと想像以上にきれいになりそう!

では、画像を見比べてみましょう♬

after 気になる部分はどう変化する?

ではこれらの気になる部分がどう変化するのか、シミュレーションの画像で比較してみます!

①左側の歯が上下入れ違いになっている

Zenyumの治療計画ビフォーアフター左側

後ろに隠れてしまっていた歯がしっかりと前に出てきています。

後ろにあった歯が前に来る過程で、かみ合わせなどに影響があるかもしれません。

実際に体感して、気付いた点は今後レポートしていこうと思います♬

②下の歯並びがデコボコ

Zenyum治療計画ビフォーアフター下顎前歯

デコボコと並んでいた下前歯は、きれいなアーチに並んでいます。

③横顔のEラインがきれいになりたい

Zenyum治療計画ビフォーアフターEライン

矯正前は下あごの方がやや前に出ていましたが、

矯正後は下あごが同列もしくは少し引っ込んでいます。

ちなみに、静止画ではわかりにくいのですが、前のライン自体もグッと後ろに下がっています。

歯のラインが下がることで、Eラインにも良い影響があるのではないでしょうか♬

下の動画だと、前歯のラインの変化がとてもわかりやすいです。

横から見た歯の動きをご覧ください

riho

ここまで細かく事前に完成が見られるってところが、マウスピース矯正のいいところだよね!

mei

先にわかると安心して治療がスタート出来ますね♪

riho

つぎは、大切な知識!
マウスピース矯正で必要な処置について簡単に説明するね♬

非抜歯でどうして治せるの?IPRについて知っておこう!

私の治療しているZenyumでは、非抜歯(歯を抜かない)で治療をしていきます♪

非抜歯での治療について知るにはIPR(InterProximal Reduction)について知っておきましょう!

ZenyumではIPRでスキマを作る

ZenyumではIPRでスキマを作ることにより、歯を抜かずに矯正していきます。

IPRとは?
アイピーアールと読む
歯と歯の間にヤスリをかける処置のこと

歯並びを治すときにはスキマがあるすきっ歯などを除いて、歯を動かすスペースが必要になってきます。

その歯を動かすスペースを作り出す主な方法として…

  1. 歯を抜く(抜歯)
  2. 歯と歯の間を削ってスキマを作る(IPR)

などの方法があります。

(他には奥歯を後ろに下げる・あご自体を拡大するなど)

Zenyumで歯を抜かずに矯正が出来るのは、このIPRを用いたスキマを使って矯正していくからなんです。

歯を抜かないとスペースが確保できない場合には、Zenyumでは非適合の症例となります。

Zenyumで非抜歯で治療出来るかどうかは、無料で診断してくれます。

\ 簡単スマホで5分/

mei

歯を抜かなくていいならハードルが低くなるなぁー♬

riho

歯並びのために歯を抜くのはやっぱり抵抗あるよね。

実際にどこをどのくらい削るのかも、シミュレーションからわかるようになってるよ♪

マウスピース矯正するとゴリラ顔になる?|よくある疑問

SNSなどで『非抜歯のマウスピース矯正するとゴリラ顔になるらしい!』

と、聞いたことありませんか?

ゴリラ顔になる流れ(一部談)

  1. 歯を抜かずに無理やり歯を並べる
  2. 歯が前に出てしまう
  3. ゴリラのような顔になる

といった誤解から生まれたウワサや失敗例をもとにした話のようです。

mei

ご、ゴリラ顔になるのはちょっと嫌ですね。

riho

こういう話を知ると、一気に怖くなるよね!
でもZenyumなら大丈夫!

Zenyumでは…

  • IPRで必要なスキマを作って並べていく
  • 非抜歯で治療出来ない歯並びは非適応とする
  • シミュレーションで事前に完成が見られる

といったことがあるので、こういったウワサのようなゴリラ顔になる可能性は低いと言えます。

riho

ネット上の色々なウワサを見ると不安になりますよね。

今後もそんな不安を取り除けるように私が実際に矯正を続けて、完了まで丁寧にレビューしていきますね♬

では、実際の私のIPRの場所をご紹介します!

私のIPRの処置はここ

そのIPRの処置がどこにどれくらいするのか、

それもシミュレーション(治療計画)で確認できます。

画像の周りに見える0.5の文字が、IPRを実際に行う場所です。

Zenyum治療計画からわかるIPRの位置

私の治療の流れとしては、

  • はじめに奥の歯をIPR処置
  • 10枚目のマウスピース装着後に前方の歯にIPR実施

と、2回に分けてIPRを実施することになりました。

riho

私のIPRの数は多い方だそうです。
歯並びによってIPRの箇所や個数・通院回数も変わってきますよ。

健康な歯を削っても大丈夫なの?

mei

歯を削る…それって大丈夫なんですか?

riho

削るっていわれると不安になるよね!

マウスピース矯正ではよくある治療で、心配しなくて大丈夫みたいだよ♪

IPRは、マウスピース矯正でよく行われている歯の移動スペースを作る処置です。

虫歯治療をイメージしてしまうと怖く感じますが、実際はやすりがけに近いです♬

私の計画でも、歯の間を0.5㎜つまり、1つの歯でみると0.25㎜削る計算。

削っても影響のない表面のエナメル質の厚さは1~2㎜程度あるので問題は無いとされています。

riho

心配なことは担当の方に相談出来ますよ♪

私もたくさん質問しました!

不安になったらその都度相談しながら治療を進めましょう♪

シミュレーション(治療計画)から他にわかること

シミュレーション画像から他にわかることをご紹介します♬

保定用の器具が付く場所

下の画像のポチッと出ている部分は、マウスピースを保定するための装置です。

Zenyum治療計画でわかるアタッチメントの位置

これも次回受診時に歯に接着します。

画像では目立って見えますが、実際は歯の色に近いものを付けるのでここまで目立ちません。

riho

次回は再度クリニック受診!
いよいよマウスピースとご対面です。

実際にIPRなどの処置を受けた体験もレビューします♬

まとめ

治療計画完成後は、Zenyumの担当者から丁寧な説明がありますよ♪

とても親身になってお話してくれるので、疑問点や不安なことは気軽に相談してみましょう!

riho

わたしもたくさん質問しました!
親身になって説明してくれましたよ♪

私のシミュレーション(治療計画)は、今のところ期待以上の形になりそうです!

治療計画に納得し、矯正費用を支払ったあとは約3週間でマウスピースが完成

いよいよ次回は再度クリニックに行き、IPRなどの処置を行った後マウスピースを装着予定です。

実際の装着に関することなども今後レビューしていきます♬

下のリンクから初回診断を行い治療を開始すると、

特別に公式サイトより1.5万円お得に治療が開始出来ます

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

\ リンクから申し込みで紹介割:1.5万円割引

☆歯の写真&質問に答えるだけ

☆スマホから簡単5分

マウスピース矯正まとめページはこちら!!

rihoが話題のマウスピース矯正をスタート!

日本初上陸のサービスを体感レビュー中です♥

Zenyumシミュレーション記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

rihoブログをシェア
  • URLをコピーしました!
目次
TOP
目次
閉じる